なるべくお金を使わない暇つぶしの方法

ジェンガ

誰かと待ち合わせをしていたり、1人家で過ごす時など、時間を持て余してしまうことがあります。 そういった場合は、暇つぶしが長く感じる時間を短縮してくれる、有力で現実的な方法になります。 スマートフォンを持っているなら、無料のアプリが期待に応えますし、5分程度の短い時間を消費するのにも役立ちます。 ただ、楽しみの範囲が限られる上に、課金で出費をしてしまう恐れがあるので、その点には注意が必要だといえるでしょう。

本を読むのが好きな人であれば、気軽に読める内容の書籍を1冊、カバンの中に忍び込ませておくだけでも違います。 本は一瞬にして異なる世界に導いてくれるので、集中できる本ならば、短時間の暇つぶしを容易に可能にしてくれます。 単行本ならお得に買えますし、種類が豊富で飽きる心配はありませんから、手軽な方法の1つとしておすすめできます。

持て余す時間が5分ほどではなく、30分や1時間もあるという場合は、本屋に立ち寄って目を通してみるのが有効です。 本屋はカタログ的に商品選びが楽しめるので、タイトルに目を通すだけでも時間が過ぎていきます。 買う買わないは自由ですし、トイレが借りられるメリットもありますから、身近な本屋は長居をするのに向いています。 一方では、書籍がよりお得に買える古本屋もおすすめで、掘り出し物が買えたり、持ち歩ける本が増えるメリットが得られます。

古本なら殆どの商品が新品以下で販売されていますし、立ち読みで内容の確認が行えるので、買っても買わなくても暇つぶしになるはずです。 古本屋としても、客がいた方が人気があるお店に見えるので、どちらにもメリットがある方法となります。 本より映像作品を好む場合は、レンタルビデオが有力な候補に浮上します。

旧作の映画ならお得に借りられますし、1時間や2時間はあっという間に過ぎるので、長時間の暇つぶしに最適です。 近年は、ネットで気軽に映像作品のレンタルが行えるので、お店に出向いて借りる手間が省けます。 直ぐに暇がつぶせる手軽な方法ですから、映画好きなら選択肢に加えておいても損はないでしょう。

ただし、1本ずつレンタルするとなるとお金がかかるので、ここは定額制のサービスを選んでお得に活用したいところです。 定額制ならどの作品を何度見ても自由ですし、毎月支払う金額が一定なので、1日あたりの負担が抑えられます。 定額配信サービスであれば、映画に限らずドラマやアニメも見放題ですから、益々暇がつぶせる結果に繋がります。 しかし、次々と新作が追加される特徴がありますし、全てを制覇するのは困難なほどなので、逆に時間が足りなくなる恐れが強まります。

贅沢な悩みとも言い換えられますが、それほどに充実しているわけですから、有力な選択肢として前向きに検討する価値があります。 アニメは短期作品でも最低12話で、長期の作品となると1年分で50話はありますから、暇つぶしにはもってこいでしょう。 時間を持て余していればいるほど、暇をつぶす効果がアップするので、アニメを退屈しのぎのお供に選ぶ方法は合理的です。

反対に、自宅で過ごすのが難しいほどに暇を感じているなら、外出して時間を使うのも良いです。 近場の散歩だけでも30分は必要ですし、バッティングセンターやゴルフの練習場があれば、更に1時間から2時間は使えます。

バッティングセンターなら、1人1千円程度で長く遊べますから、じっとしていられない人にとって朗報です。 ゴルフの打ちっぱなしは、2千円から3千円位の予算を必要とするので、なるべくお金を使わない希望からは少し外れます。

しかも、金額に対して使える時間は少なめですから、費用対効果という点でおすすめ度はやや低めです。 アウトドアはにはドライブの選択肢がありますが、ガソリン代が発生してしまうので、そこが選択の分かれ道となります。 買い物ついでの外出であれば、時間が使えてガソリンの無駄もありませんから、何か外出の理由がある場合の暇つぶしに適しています。

外出して暇をつぶしてから帰りたい、そんな希望がある人には漫画喫茶の選択がおすすめです。 漫画喫茶は、ワンコインから利用できるお店もありますし、1時間や2時間の暇をつぶすのは余裕です。 圧倒的な数の漫画が用意されている上に、インターネットも使い放題と魅力があります。

必要に応じて、軽食やドリンクの注文が行えますから、簡単な食事がてらに利用してみるのもありです。 能動的ではなく受動的に、かつ意味のある時間の使い方をしたいのであれば、身近にあるものを使って工作をするのが良い方法です。

工作は自由度が高く、お金を使わなくても手元にあるものが材料になりますから、後はアイディアとやる気次第で簡単に取り組めます。 実用的なものではないとしても、頭に設計図を思い描いて何かを作り始めれば、それは立派な暇のつぶし方です。 童心に返っておもちゃを作る、これだけでも時間の進み方が違ってきますから、挑戦してみる余地はあるでしょう。

このページのトップへ